アクション一覧






 アクション


ID 名前 効果
0直接攻撃自分の攻撃力をダメージ効果値としてダメージ
を与える。
(防御無視がない場合、ダメージは防御力分マ
イナスされる。
ダメージを与えるほかのスキルについても同様
である)
1能力上昇対象の能力を指定分だけ上昇・減少させる。
2減殺相手のダメージ対象能力値の半分を、ダメージ
効果値としてダメージを与える。(例えばHPダ
メージならば、相手のHPの半分のダメージを与
える。効果N倍が付与されていない場合、端数
は切り上げられる)
3回復HPを最大HPまで回復する。
効果N倍が付与されている場合、回復量は最大
HP×効果N倍の値が上限である。
(具体的には、(最大HP-HP)と(最大HP×効
果N倍)のうち、小さいほうの値を回復量とし
て回復する。ただし、現在HPが負の値である
場合は、HPの絶対値が回復量に加算される)
回復量は負の値にはならない。
4定数このスキルのダメージ属性に関わる値を、ダ
メージ効果値としてダメージを与える。(例え
ば、このスキルがHPダメージのスキルであれ
ば、<HP1>は1ダメージを与えるスキルとな
る)
5霊体属性対象にターン終了時まで[霊体属性]状態を付与
する。多重付与はできない。
霊体属性中は、特筆されていない限り、使用さ
れる剣のダメージを受けない。
6海域浮力対象にターン終了時まで[海域浮力]状態を付与
する。多重付与はできない。
海域浮力中は、対象の所持するアクションは、
末尾から優先的に実行される。
7激怒使用者の(最大HP−HP)をダメージ効果値とし
て、ダメージを与える。
8除霊0をダメージ効果値としてダメージを与える。
対象が[霊体属性]状態である場合のみ、代わり
に霊体属性を無視した攻撃力×4をダメージ効
果値としてダメージを与える。
9エンドロール6面ダイスを1回振る。1が出たならばその時点
で戦闘を終了する。
10プラン多重防御ターン終了時まで、対象に[プラン多重防御]
状態を付与する。多重付与はできない。
 [プラン多重防御]を所持するユニットは、
<ガード><シールド><バリア><クッション>
<フリップ>を以下のように運用する。
 1:<ガード><シールド><バリア><クッ
ション><フリップ>のうち、
最も軽減できるダメージが多いものを使用す
る。
  軽減できるダメージが同一であれば、
<ガード>><シールド>><クッション>><バ
リア>><フリップ> の優先順位で使用する。
 2:軽減できるダメージが0になるまで、
1を繰り返す。
11プラン楽園ターン終了時まで、対象に[プラン楽園]状態を
付与する。多重付与はできない。
[プラン楽園]状態のユニットは、所持するHPの
初期値を代入するアクションを、HPが最大HPの
半分以下になるまで使用しない。
12敗北対象となったユニットの陣営は敗北する。
13焦熱砂漠対象にターン終了時まで[焦熱砂漠]状態を付
与する。多重付与はできない。
焦熱砂漠中は、アクションを実行する度に1
ダメージを受ける。死亡判定は剣の実行後に
行われる。
霊体属性はこのダメージを軽減しない。連撃
が付与されている場合、連撃回数分だけダ
メージを受ける。
<環境>スキルに対しては発動しない。
14防御力攻撃使用者の防御力をダメージ効果値としてダメー
ジを与える。
15異常耐性対象にターン終了時まで[異常耐性]を付与す
る。多重付与はできない。
[異常耐性]状態では、[異常耐性]を除くすべて
の状態異常を受けなくなる。(すでに受けた状
態異常は解消しない)
16リセット何らかの付加効果カスタマイズが存在する場
合、対象の当該能力値に戦闘開始時の値を代入
する。AP・状態異常が対象とされている場合
は、当該状態は0になる。
(例えば、リセットのアクションに
<HP1>が付与されていた場合、このアク
ションは「HPを戦闘開始時の値に戻す」と
いうアクションになる。)
17爆弾奇岩対象にターン終了時まで[爆弾奇岩]状態を付与
する。多重付与はできない。
[爆弾奇岩]状態中に攻撃を受けてHPが0以下に
なった場合、攻撃を行ったユニットのHPが1以上
であるならば、相手のHPを1にする。この効果は
<ライフ><ソウル>の適用前に行われる。
18耐性 ターン終了時まで、対象に<剣対象>で指定
されたアクションに対して、[耐性]状態を付
与する。剣の指定が同じ耐性が重複した場
合、最後に得た耐性値が採用される。剣の指定
が異なる場合は、重複可能である。
 指定されたアクションが、[耐性]状態のユ
ニットに対して与えるダメージは、このアク
ションの効果N倍で指定された値だけ乗算さ
れる。効果N倍の指定がない場合、ダメージ
は0になる。
19全耐性 ターン終了時まで、対象にすべてのアクショ
ンに対して、[耐性]状態を付与する。剣の指定
が同じ耐性が重複した場合、最後に得た耐性値
が採用される。
 アクションが[耐性]状態のユニットに対して
与えるダメージは、このアクションの効果N倍
で指定された値だけ乗算される。効果N倍の
指定がない場合、ダメージは0になる。
20ワンダリング 対象が所持する、全てのリミテッドを持ち、
遅延起動2以上の剣の遅延起動の数字を+2す
る。
 その後、対象が所持する、全てのリミテッド
を持ち、遅延起動1以下の剣に遅延起動2を付
与する。
 その後、対象が所持する、全ての遅延起動を
持つ剣の遅延起動の数字を1.5倍にする。
(端数切り上げ)
 その後、対象が所持する、全ての剣にリミ
テッドを付与する。
 その後、対象が所持する、効果発生前に遅延
起動0(高速起動)であった、全ての剣の遅延起
動の数字を-1する。遅延起動は0以下にはな
らない。
70構:両手[永続]対象に<構:両手[永続]>状態を付与する。
(構:両手[永続]状態であるユニットが所持
するアクションの、遅延起動の値は-1され
る。
構:両手[永続]状態はターン終了時に消滅し
ない。
攻撃により1点以上のダメージを受けたとき、
構:両手[永続]状態は解除される。この状態
異常は重複しない。)
71構築ストレージにセットされているユニットを、戦
場の先頭に配置する。
ユニットが複数いる場合、相手の攻撃の対象は
先頭のユニットとなる。
配置されたユニットは、何らかの効果でターン
が進むまでは、構築を行う事ができない。
76オルガンローデ2のターン数乗をダメージ効果値としてダメー
ジを与える。
80全剣変更対象の所持するアクションを、剣指定で指定さ
れているアクションにすべて変更する。
剣指定で2つ以上のアクションが指定されてい
るならば、二つ目以降に指定されている種類の
アクションをすべて一つ目のアクションに変更
する。
110ダメージ(変数)カスタムダメージによって指定されたダメージ
をダメージ効果値とする。防御無視の指定がな
ければ、算出後に防御力の適用も受ける。
117制御このアクションの次のアクションに、このア
クションに設定されたパラメータを加算する。


例えば、このアクションに<毒1>が付与さ
れていた場合、このアクションを使用するこ
とで毒は増加しない代わりに、このアクショ
ンの次のアクションは、使用時に元々の効果
に加えて毒1を付与するアクションとなる。

制御により加算されるパラメータは、
制御アクションの特性のほとんどを引き
継ぎ、防御無視、接触感染等の数値でな
いものが含まれる。また、カスタム変数
も制御前と制御後の加算した値を参照する。
なお、以下の設定は加算されない。
・効果対象
・攻撃種別(直接攻撃、能力上昇等)
・遅延起動
・スキップ
・リミテッド
・消費AP
・消費MP
・消散
・ストレージ

このアクションは「制御」のアクションに対
して使用した場合、効果を発揮しない。

 カスタマイズ


ID 名前 効果
21攻撃 対象は相手になる。対象のガード系・反射・
霊体属性は、その効果が発生する。
22補助 対象は自分となる。ガード系・反射・霊体属
性は、その効果を発揮しない。
 相手の攻撃アクションと同時に行動した場
合、先に起動する事ができる。
23全体 相手と自分を対象とする。具体的には、
<攻撃>として使用された後、もう一度<補助>とし
て同じスキルを使用する。この効果は連撃とし
て扱われ、死亡判定は行動終了時まで存在しな
い。
 相手の攻撃または補助アクションと同時に行
動した場合、このアクションは最後に起動す
る。
24遅延起動 指定ターンが到来するまで、このアクション
は使用できない。
 指定ターンがNの場合、Nを入力することで、
自分で起動するターンを決定することができる
(N≧1)。
 高速起動の場合、0ターン目から使用可能に
なる。

(アクション設定画面上、遅延起動Nを設定
するためには、遅延起動に-1を入力する。)
25リミテッド使用後に消滅する。
26効果N倍効果値(防御力等によって減算される前の値)を
N倍する。(端数になる場合、Nが1以上で切り上
げ処理、Nが1未満だと切り捨て処理)
27防御無視相手の防御力による減算を無視してダメージを
与える。
28HPHPに対して付加効果を発揮する。+で増加、
−で減少となる。減少は0までである。
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときにステー
タスの増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の能力値を増減させる。)
(メインアクションが定数で、HPダメージの
場合は、ダメージ効果値として扱われる。)
29最大HP最大HPに対して付加効果を発揮する。+で増
加、−で減少となる。0以下にはならない。
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときにステー
タスの増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の能力値を増減させる。)
(メインアクションが定数で、最大HPダメー
ジの場合は、ダメージ効果値として扱われ
る。)
30攻撃力攻撃力に対して付加効果を発揮する。+で増
加、−で減少となる。0以下にはならない。
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときにステー
タスの増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の能力値を増減させる。)
(メインアクションが定数で、攻撃力ダメー
ジの場合は、ダメージ効果値として扱われ
る。)
31防御力防御力に対して付加効果を発揮する。+で増
加、−で減少となる。0以下にはならない。
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときにステー
タスの増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の能力値を増減させる。)
(メインアクションが定数で、防御力ダメー
ジの場合は、ダメージ効果値として扱われ
る。)
32素早さ素早さに対して付加効果を発揮する。+で増
加、−で減少となる。0以下にはならない。
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときにステー
タスの増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の能力値を増減させる。)
(メインアクションが定数で、素早さダメー
ジの場合は、ダメージ効果値として扱われ
る。)
33APAPに対して付加効果を発揮する。+で増加、
−で減少となる。0以下にはならない。
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときにステー
タスの増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の能力値を増減させる。)
(メインアクションが定数で、APダメージの
場合は、ダメージ効果値として扱われる。)
34ガードガードに対して付加効果を発揮する。+で増
加、−で減少となる。0以下にはならない。
(ガードが付属しているユニットが攻撃を受
ける場合、ガードを1つ消費してダメージを
半減(端数切り上げ)させる。ガードは累積
する)
(ガード・シールド・バリアは、一回の攻撃
に対してどれか一つが、一度のみ発動する。
発動の優先順位は バリア>シールド>ガー
ド である。)
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときに状態異
常の増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の状態異常を増減させる。)
35反射反射に対して付加効果を発揮する。+で増
加、−で減少となる。0以下にはならない。
(反射が付属しているユニットが攻撃を受け
る場合、反射をひとつ消費して、攻撃の対象
を相手に変える。反射は累積する)
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときに状態異
常の増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の状態異常を増減させる。)
36ライフライフに対して付加効果を発揮する。+で増
加、−で減少となる。0以下にはならない。
(ライフが付属しているユニットのHPが0以
下になった状態で死亡判定を迎えた場合、ラ
イフをひとつ消費して、ユニットのHPは1に
なる。ライフは累積する)
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときに状態異
常の増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の状態異常を増減させる。)
37毒に対して付加効果を発揮する。+で増加、
−で減少となる。0以下にはならない。
(毒を所持するユニットは、ターン開始時の
状態効果フェイズに、毒の数だけダメージを
受ける。毒は累積する)
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときに状態異
常の増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の状態異常を増減させる。)
38スタンスタンに対して付加効果を発揮する。+で増
加、−で減少となる。0未満にはならない。
(スタンを所持するユニットは、<環境>では
ないアクションを使用する際に、該当の行動
の代わりにスタンとAP1を消費し、何もしな
い。スタンは累積する)
(AP0のアクションに対しては、スタンは効
果を発揮しない)
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときに状態異
常の増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の状態異常を増減させる。)
39ソウルソウルに対して付加効果を発揮する。+で増
加、−で減少となる。0以下にはならない。
(ソウルを所持するユニットは、HPが0以下
の状態で死亡判定を迎えた際に、HPに最大HP
を代入する。ソウルは累積する。最大HPが0
であるならば、ソウルはすべて使用される。

{ソウルとライフは同時に所持されていた場
合、ソウルの発動が優先される。)
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときに状態異
常の増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の状態異常を増減させる。)
40シールドシールドに対して付加効果を発揮する。+で
増加、−で減少となる。0以下にはならな
い。
(シールドを所持するユニットは、相手の攻
撃によりダメージを受ける際に、シールドを
1消費し、ダメージを半減(端数切捨て)さ
せる。シールドは累積する)
(ガード・シールド・バリアは、一回の攻撃
に対してどれか一つが、一度のみ発動する。
発動の優先順位は バリア>シールド>ガー
ド である。)
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときに状態異
常の増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の状態異常を増減させる。)
41バリアバリアに対して付加効果を発揮する。+で増
加、−で減少となる。0以下にはならない。
(バリアを所持するユニットは、相手の攻撃
によりダメージを受ける際に、バリアを1消
費し、ダメージを0にする。バリアは累積す
る)
(ガード・シールド・バリアは、一回の攻撃
に対してどれか一つが、一度のみ発動する。
発動の優先順位は バリア>シールド>ガー
ド である。)
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときに状態異
常の増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の状態異常を増減させる。)
42ダイス補正ダイス補正に対して付加効果を発揮する。+
で増加、−で減少となる。0以下にはならな
い。
(ダイス補正を得ているユニットは、何らか
の効果によりダイスを振った際の目が、本来
の目よりも補正値分だけ高くなる。この効果
によってダイス補正は消費されない。ダイス
補正は累積する)
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときに状態異
常の増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の状態異常を増減させる。)
43剣破壊指定した本数だけ、先頭から順番に剣を破壊
する。同時行動による使用中の剣も対象とな
る(対象となった剣は、攻撃を与えると同時
に破壊される)。
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときにアク
ションの破壊が行われる。それ以外のアク
ションに付与されている場合、メインアク
ションの効果を発揮した後に、ダメージなし
で対象のアクションを破壊する。)
44銘剣破壊指定した本数だけ、先頭から順番に<銘>が0
を越える剣を破壊する。同時行動による使用
中の剣も対象となる(対象となった剣は、攻
撃を与えると同時に破壊される)。
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときにアク
ションの破壊が行われる。それ以外のアク
ションに付与されている場合、メインアク
ションの効果を発揮した後に、ダメージなし
で対象のアクションを破壊する。)
45ターン増加指定数だけターンが増加する。(+で増加、
−で減少である)
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときにターン
数の増加が行われる。それ以外のアクション
に付与されている場合、メインアクションの
効果を発揮した後に、ダメージなしでターン
数を増加させる。)
46猛毒猛毒に対して付加効果を発揮する。+で増
加、−で減少となる。0以下にはならない。
(猛毒を所持するユニットは、状態効果フェ
イズの開始時(毒のダメージ発生前)に、毒
が1増加する。猛毒は累積する)
(毒を所持するユニットは、ターン開始時の
状態効果フェイズに、毒の数だけダメージを
受ける。毒は累積する)
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときに状態異
常の増減が行われる。それ以外のアクショ
ンに付与されている場合、メインアクション
の効果を発揮した後に、ダメージなしで対象
の状態異常を増減させる。)
47剣取得剣対象によって指定されたアクションを、未
使用状態で、対象のユニットが所持するア
クションの末尾に追加する。
(ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、ダメージが1以上のときにアク
ションの追加が行われる。それ以外のアク
ションに付与されている場合、メインアク
ションの効果を発揮した後に、ダメージなし
でアクションの追加が行われる。)
48接触感染ダメージを与えるスキルに付与されている場
合、与えるダメージが0の場合でも、ステータ
ス・状態異常の増減が効果を発揮する。
49連撃 アクションをN回繰り返し行う。
 同時行動中は連撃ワンセットで1回分の攻
撃として処理する。
連撃中は死亡判定が存在しない(<ライフ
><ソウル>も反応しない)。
 <ガード>関係、<反射>はそれぞれの攻撃に
ついて反応する。
 連撃の最初の攻撃で反射を受けた場合、当
該反射が処理され終わるまでは、次の連撃は
起動しない。
50貫通なし貫通を行わない。
51貫通対象のダメージを軽減する状態異常、および「反
射」「見切り」「霊体属性」を無視して対象を取り、ダ
メージを与える。該当する状態は消滅しない。
52霊体貫通対象の「霊体属性」を無視してダメージを与え
る。
53環境 このアクションは、ターン開始時の<環境
フェイズ>において、通常の剣と同じように
使用される。複数の環境アクションを所持
しているならば、起動条件を満たすすべての
アクションが起動する。
 環境フェイズにおける剣の起動は、通常の
実行順と同じ順番で処理される(ただし<環
境>が付属されている剣のみ)。
 環境フェイズ中には死亡判定が存在しな
い。
 環境フェイズは状態効果フェイズの前に存
在する。
54HPダメージダメージ属性アクションによりダメージを与え
る対象が、HPになる。
特にダメージ対象の指定がない場合、HPダ
メージのカスタマイズにチェックが入ってい
るものとして扱われる。
(HPと最大HPへ同時にダメージを与える
アクションを設定する場合等、他と同時にH
Pにダメージを与えたい場合でなければ、こ
のカスタマイズをチェックする必要はない)
55最大HPダメージダメージ属性アクションがダメージを与える対
象が、最大HPになる。
56攻撃力ダメージダメージ属性アクションがダメージを与える対
象が、攻撃力になる。
57防御力ダメージダメージ属性アクションがダメージを与える対
象が、防御力になる。
58素早さダメージダメージ属性アクションがダメージを与える対
象が、素早さになる。
59APダメージダメージ属性アクションがダメージを与える対
象が、APになる。
60絆魂 ダメージを与えるアクションに付与されて
いる場合、アクションが対象に与えたダメー
ジ分だけ、自分の対象能力値が上昇する。
(例えば、HPダメージのアクションならば、
与えたダメージだけ自分のHPが回復する。)
(複数のダメージ効果を持つアクションであ
れば、そのそれぞれの能力値について効果が
発生する。)
 ダメージ付与アクション以外のアクション
に付与しても効果はない。
61失敗率N% アクション使用時に100面ダイスを振り、
出た目がNを越えていなければ、そのアク
ションの起動は失敗する。
 失敗したアクションは使用済みになり、リ
ミテッドが付属している場合、アクションは
失われる。
 連撃アクションは連撃一回ごとに判定す
る。
 焦熱砂漠によるダメージは通常通り発生す
る。
62消費AP使用時にAPを消費する量。
アクション使用判定時に、所持APが消費APに満
たない場合、当該アクションは使用されない。
63先制攻撃アクション使用時に、素早さを無視して最速で
行動する。両者が同時に先制攻撃アクションを
使用した場合、同時行動となる(通常の同時行
動と同じく、補助→攻撃→全体の順番で処理さ
れる)。
<環境>と併用可能(<先制攻撃>を付与された
<環境>アクションは、環境フェイズ中に最速で
行動する。)
64スキップ現在のターン数が指定されたスキップの倍数で
ないならば、このアクションは起動しない。
なお、0ターン目にはスキップは参照されな
い。(高速起動と併用可能)
65遅延起動:HP 使用者のHPが指定された値以下になるまで、
このアクションを使用することはできない。
 尚、%指定が行われている場合、当該指定
された値は、使用者の最大HPを乗じた数値
(切捨て)となる。

(設定上、1以上の数値が指定されている場
合は数値指定、1未満の数値が指定されてい
る場合は%指定となる。例えば50%であるな
らば0.5を指定する)
66消散 指定されたターンまでしか、このアクション
を使用することはできない。
67剣対象対象となるアクションを指定する。他の何らか
のアクションを対象を取るアクションと、組み
合わせて使用する。
(設定上は、指定にはIDを使用する)
(複数指定を行う場合、「,」で区切るものと
する。ID1と2と3のアクションを指定する場合
は、「1,2,3」である。)
68ブレイスヴァ[永続]アクション使用者は[ブレイスヴァ[永続]]を得
る。アクション使用者が勝利した場合、その戦
闘は引き分けとなり、ブレイスヴァ・トークン
が1勝を得る。
(リセットのアクションに付与されている場
合、アクション対象者のブレイスヴァは失われ
る。)
69チェインこのアクションを使用した直後に、剣対象に
よって指定されたアクションを続けて起動す
る。この効果は連撃として扱われる。
指定されたアクションは、失敗率を除き、起
動に必要な条件を満たしていなくとも発動す
る。
(チェインは何度でも行われるが、同一の剣
を二度チェインすることはできない。)
72ストレージ構築によってビルドされるユニットのパラ
メータを設定する。
設定にはマアグエリテ表記を使用する。
フリービルド時は、使用できる途心・銘を半
角数字で設定する。

(フリービルド時の途心・銘は、<10,1>の
ようにコンマで区切られる形で記述する。最
初が途心で次が銘となる。銘の指定は<10>
のように省略することができ、その場合銘に
関する制限はない。)
(マアグエリテ表記は、
15/0/1/2/速熱衝絶/徘徊するライカ
のような形で指定を行う。
各パラメータは”/”で区切られ、一つ目の
数値がHP、二つ目が攻撃力、三つ目が防
御力、四つ目が素早さにそれぞれ対応する。
五つ目に部屋の設定にしたがって、順番に
アクションの短縮文字を配列する。遅延起動N
の指定は半角英数で行う。最後に名前
を入れることで、マアグエリテ表記による
ユニット指定が完成する。)
※マアグエリテ表記に使用されない文字を入
れた場合、その文字は通常無視されますが、
動作は保証されません。
73MP「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
MPの値を増減させる。+で増加、-で減少である。
74MPダメージダメージを与える対象がMPになる。
75消費MPアクションを使用するために必要なMPを決定す
る。MPが不足している場合、当該アクションは
使用されない。
77舞踏このアクションは、使用後、未使用状態にな
る。消費APが0以下のアクションには付与して
も効果がない。
78全体攻撃攻撃、補助で選ばれた指示対象に属する陣営の
ビルドユニットの全員に対して、効果を発揮する。
この効果は全員に一度ずつアクションを行う、
連撃として扱われる。
79流産「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
対象に<流産>を付与する。+で増加、-で減
少である。0以下にはならない。

流産:
(累積あり)
(発動時に消滅する)
(自分のビルド時に発動)
 ・ビルドが失敗する。
 ・累積しても一つずつしか発動しない。
81倍化指定このカスタマイズが指定されている場合、「対
象の能力を〜増加させる」という効果は、代わ
りに「対
象の能力を〜倍にする」という効果に変更さ
れる。
82複製「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
対象が所持する一番最初のアクションと同じも
のを、使用者のアクションの末尾に加える。
83剣戟「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
対象の所持するアクションのうち
最も先頭に近い未使用のアクションを使用済み
にする。
84撹乱「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
対象の所持するアクションの順番を逆転させる。
85制御:限定「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき発動する。
このアクションの次のアクションに、
<リミテッド>を付与する。
86制御:抑制「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき発動する。
自分のHPが最大値の半分以上なら、このアク
ションの次のアクションを使用済みにする。
87制御:遅延このアクションは常に高速起動となる。
「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき発動する。
このアクションの次のアクションを、
指定された遅延起動のターンが経過していない
ならば、使用済みにする。
88制御:収鞘「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき発動する。
このアクションの次のアクションを消滅させる。
89制御:導来「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき発動する。
このアクションの次のアクションの遅延起動を
指定した数だけ増減する。+で増加、-で減少。
90制御:振動「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき発動する。
このアクションの次のアクションの<スタン>を、
指定された分だけ上昇させる。
91制御:毒薬「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき発動する。
このアクションの次のアクションの<毒>を、
指定された分だけ上昇させる。
92制御:全体「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき発動する。
このアクションの次のアクションに
<全体攻撃>を付与する。
93制御:増殖「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき発動する。
このアクションの次のアクションを、
自分のアクションの末尾に未使用状態で
加える。
94ストレージストレージに指定されたユニットを構築する。
95残響構築は自分の基本ユニットを構築する。
96反響構築は相手の基本ユニットを構築する。
97フリービルド構築対象はアクションによって指定されず、
ストレージに設定された途心の数に基づいた、
フリービルドを行う。
尚、フリービルドされるユニットにこの剣を含
めた場合、0/0/0/0//が生産される。
98見切り「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
<見切り>を増減させる。+で増加、-で減少。
・見切り
(累積あり)(発動時に消滅する)
(他者から攻撃または攻撃を反射された時に
発動)
 ・攻撃の効果を消滅させる。
 ・累積しても一つずつしか発動しない。
99スリープ「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
<スリープ>を増減させる。+で増加、-で減少。
・スリープ
(累積あり)(発動時に消滅する)
(行動回数決定フェイズに発動)
 ・APに素早さではなく0を代入する。
 ・累積しても一つずつしか発動しない。
100挑発「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
<挑発>を増減させる。+で増加、-で減少。
・挑発
(累積なし)(消滅しない)
(自分のパーティ内の誰かを敵が単体攻撃の
対象として選択した時に発動)
 ・攻撃の対象を自分に変更する。
 ・複数人の挑発が発動したら、その中で先
頭の者が攻撃の対象になる。
101クッション「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
<クッション>を増減させる。+で増加、-で減少。
・クッション
(累積あり)(発動時に消滅する)
(攻撃による被ダメージ処理時に発動)
 ・ダメージを1にする。
 ・累積しても一つのダメージに対して一つだ
けしか発動しない。
 ・ダメージが0やマイナスでも発動する。
102フリップ「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
<フリップ>を増減させる。+で増加、-で減少。
・フリップ
(累積あり)(発動時に消滅する)
(攻撃による被ダメージ処理時に発動)
 ・自分の防御力が1以上なら、ダメージを
3減らした上で自分の防御力を1減らす。
 ・累積しても一つのダメージに対して一つ
だけしか発動しない。
 ・ダメージが0やマイナスでも発動する。
103ドライブ「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
<ドライブ>を増減させる。+で増加、-で減少。
・ドライブ
(累積あり)(発動時に消滅する)
(攻撃によるダメージ処理時に発動)
 ・防御力等の減算後、耐性・霊体属性の発
動前に起動する。マイナスダメージを考慮
する。
 ・自分の攻撃力が1以上ならダメージを
3増やした上で自分の攻撃力を1減らす。
 ・累積しても一つの攻撃に対して一つだけ
しか発動しない。
 ・ダメージが0やマイナスでも発動する。
 ・防護に属する状態よりも早く発動する。
104プッシュ「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
<プッシュ>を増減させる。+で増加、-で減少。
・プッシュ
(累積あり)(消滅しない)
(オーバーキルジャッジ時またはオーバー
ターンジャッジ時に発動)
 ・相手より多くプッシュを持っていれば、
HP比較をスキップして判定勝利する。
 ・HP比較対象者のみ発動する。
 ・死亡または退場していても発動する。
105クイック「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
<クイック>を増減させる。+で増加、-で減少。
・クイック
(累積あり)(消滅しない)
(行動権獲得時に発動)
 ・行動権獲得者の中でクイックの数の値が
トップでない者の行動権を消滅させる。ク
イックはマイナスの値をとることがある。
106制御:再来「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
対象のすべてのアクションを未使用状態にする。
107制御:共鳴「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
対象のすべてのアクションを、このアクション
の次にあるアクションに変更する。次のアク
ションが存在しない場合、何も行われない。
108消散:MP使用者の所持するMPが、設定された値以下の場
合のみ発動する。
109テキストアクション説明として、設定したテキストを表
示する事ができる。テキストによる説明がある
場合、変数の中身は隠蔽される。
111カスタムダメージダメージ(変数)によるダメージの指定を行う。
防御無視が指定されていない限り、算出後に
相手の防御力による減算を受ける。
指定方法は、別途リファレンスを参照のこと。
(例)
@me.atk
「自分の攻撃力をダメージ効果値とする。」
3
「3をダメージ効果値とする。」
ceil(@you.hp / 2)
「相手のHPの1/2をダメージ効果値とする
(端数切捨て)。」
112転送このアクションを所持しているならば、日数が
経過するたびに、ランダムに選ばれたこのアク
ション以外のアクションをひとつ、他のキャラ
に転送する。この転送は永続である。

転送の詳細は以下の通りである。
・このアクションは転送の対象とならない。
・転送を複数持っていた場合でも、転送が起
動するのは、最も上位にある転送アクション
ひとつだけである。(二つ以上転送アクショ
ンを所持するならば、転送アクションが転送
される可能性も存在する)
・転送は、戦闘結果の処理後、次の成長を受
付する前に行われる。
・転送対象は、その日の戦闘結果において順
位が自分より一つ下のユニットである。ただ
し、敗北が確定しているユニットは含まれな
い。
・自分の順位が最も下であるならば、1位の
キャラに転送が行われる。
・敗北が確定したキャラの転送は発動しな
い。
・保留ありにしている場合、転送による途心
の変動は、保留の数値に影響を与える。転送
によって途心が消滅した場合、保留の途心を
1得ることになる。また、保留ありの場合は
得た途心も成長と見なされ、成長枠が減少す
る。転送によって得た途心と失った途心が等
しいならば、影響はない。
(そのため、ペナルティとして転送を使用す
る場合は、保留をなしにしてください)
113予備AP予備APに対して付加効果を発揮する。+で増
加、−で減少となる。0以下にはならない。
(予備APは、APに準じて扱われる、持ち越し
が可能なAPである。具体的には、予備APはア
クションが使用されないときに行われる「何
もしない」によって減少することがない。ま
た、ターン開始時の代入も行われない。)
(アクション使用時に予備APがある場合、
AP>予備APの優先順位で使用する。)
(APダメージのアクションによってダメージ
を受け、APがダメージ分に足りない場合、予
備APが減少する。)
114対消滅このアクションを使用したとき、使用者が所持
する、このアクションと同じ名前の他のアク
ションは、すべて消滅する。
(同一名称の別種のアクションが二つ以上存在
する場合であっても、等しく消滅する。)
(失敗率判定に失敗した場合でもこの効果は発
動する。)
115相対遅延このアクションの遅延起動は、所持するユニッ
トがビルドされたターンを基点(0ターン目)
として計算される。
(初期ユニットは0ターン目にビルドされたも
のとみなされる。)
116死人歩き死人歩きに対して付加効果を発揮する。+で
増加、−で減少となる。0〜1以外にはなら
ない。
(死人歩きを所持するユニットは、HPが0以下
になっても死亡しない。)
118起動条件この項目の数式が偽である場合、
このアクションは起動しない。
なお、数式の判定のために「<」「>」「=」
の演算子の使用が許可される。

(例えば、@me.atk > 0 という指定がされて
いる場合、アクションの起動のためには1以
上の攻撃力を所持する必要がある。)
その他カスタマイズ変数による指定が可能で
ある。
指定方法は、別途リファレンスを参照のこと。
119紫電珠この能力自体に特殊な効果はない。
紫電珠は、ゲーム全体でその値が累積する。
120橙火珠この能力自体に特殊な効果はない。
橙火珠は、各ユニットごとに
値が累積して設定される。
121藍玉珠この能力自体に特殊な効果はない。
藍玉珠は、各陣営ごとに
値が累積して設定される。
122制御:瞬滅「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき発動する。
このアクションの次のアクションのスキップを
指定した数だけ増減する。+で増加、-で減少。
123倍撃「ダメージを与えるアクションの場合:ダメー
ジ1点以上」「それ以外:アクション使用時」
を満たすとき、対象に対して発動する。
<倍撃>を増減させる。+で増加、-で減少。
・倍撃
(累積あり)(発動時に消滅する)
(攻撃によるダメージ処理時に発動)
 ・次の攻撃のダメージを2倍にする。

 ・防御力等の減算後、耐性・霊体属性の発
動前に起動する。マイナスダメージを考慮
する。
 ・累積しても一つの攻撃に対して一つだけ
しか発動しない。
 ・ダメージが0やマイナスでも発動する。
 ・防護に属する状態よりも早く発動する。
124攻撃制御このアクションの「次のアクションに追加効
果を付与する」効果は、次のアクションの代
わりに種別が「攻撃」「全体」のアクション
すべてに効果を及ぼす。
「補助制御」と重複可能。
125補助制御このアクションの「次のアクションに追加効
果を付与する」効果は、次のアクションの代
わりに種別が「補助」「全体」のアクション
すべてに効果を及ぼす。
126代入このカスタマイズが指定されている場合、
「対象の能力を〜増加させる」という効果は、
代わりに「対象の能力を〜にする」という
効果に変更される。
倍化指定と同時に指定する場合、代入が優先
される。
(0を指定する場合、「@0」と入力する。)